FC2ブログ

また、しちゃった

家に帰って、洗濯機を回していたらピンポーンとドアチャイムが鳴りました。
玄関に出ていくと、ヒロくんが…
なんで~!土曜日に来たばっかりじゃん。
「文ちゃんに、また会いたくなってさ」
そりゃ、うれしいけど…
とりあえず、家にあげるとヒロくんはすぐにキスしてきました。
待ってよって言う間もなく、キスされて寝室に連れ込まれました。
ベッドに押し倒されると、
「文ちゃん、大好きだよ」
とヒロくんが耳もとでささやきました。
うれしいけど、わたしは…
「かわいいね」
と言われながら、服を脱がされてしまいました。ヒロくんもハダカになると、わたしを抱きしめました。いつ抱かれても、ヒロくんの筋肉質なカラダはすごいな…なんてのんきなことを考えてしまいました。
「●●くんは知ってるの?」
と聞きました。
「知ってるよ。みんなの文ちゃんだから、俺に彼女できるまでは一緒にしようって」
またカレは、ろくなこと言わないんだから…
ヒロくんは、わたしの乳房をもみながら乳首を吸い出しました。わたしもだんだん気持ちがよくなってきてしまいました。
ヒロくんは、わたしのカラダ中をなめたり吸ったりしました。カレとは違って、力強く吸います。
そのうち、アソコに顔を寄せて舐めだした。舌の動きも力強いです。
気持ちよすぎて、声も止まらなくなっていたと思います。
ヒロくんはカラダを回すと、わたしの顔の前にアレを差し出しました。アソコは舐めたままで…
差し出されたアレを、わたしはくわえました。わたしが下なので、くわえて舌で舐めてあげることしかできませんでした。
ヒロくんのが愛おしくなってきて、舌が届く限り一生懸命舐めました。でも、わたしのアソコも洪水になってきて、ヒロくんのが欲しくてたまらなくなっていました。
口を離すと、
「ヒロくん…お願い入れて」
と言ってしまいました。
ヒロくんは起き上がると、わたしの足を思いきり持ち上げながら開きました。
「文ちゃん、あふれているよ」
言わないで…恥ずかしいから…カレの命令だからしてるんだよ…
ヒロくんは、わたしのアソコに自分のアレを当ててアレでアソコをいじってきました。
「意地悪しないで…」
わたしはどうかしちゃってました。
「どうしてほしいの?」
「…入れてほしいの」
「どこに?」
「…」
オトコってみんな言わせたがるんだ… 「どこに?」
「…おマ●コ」
カレには何百回も言ってる言葉も、ヒロくんに言うと恥ずかしさがいっぱいでした。
ヒロくんは、一気にわたしの中に入れてきました。
わたしは満ち足りた気持ちで声を出しちゃったと思います。

突然、寝室のドアが開いてカレが入ってきました。
「ただいま、やってるんだ」
とカレが言いました。
わたしも、状況を忘れて
「おかえりなさい」
って言っちゃいました。
ヒロくんも、
「おかえり、先にしてるよ」
って、なんてマヌケな会話でしょう…あとからそう思いましたけどね。
ヒロくんは、カレがいても腰を動かしていました。ベッドの横で、カレは着替えていました。
「文、気持ちいい?」
「…」
なんて答えてわかりませんでした。
「ヒロとしたかったんだよね」
「へえ、うれしいな」
とヒロくんが答えました。
わたしは声にならない声しか出せませんでした。ア行しか話せなくなってるわたしは、それでも、
「●●くんはこれが見たかったの?」
と聞きました。
「うん。文、すごくかわいいよ」
その言葉を聞くと、またジュンとしちゃっていきそうになりました。
「ヤバい、生でいれちゃったよ」
と、いいところでヒロくんが抜きました。あ~、いいとこだったのに…と思ったら、着替えていたカレがわたしの中に入れてきました。
「オレもしたくなっちゃった」
とカレ。
「え、オレはどうすんだよ」
とヒロくんが情けない声を出しました。
「とりあえず、口にでも入れておけよ」
とカレは言いました。なんか、邪険にモノみたいに扱われてホントなら怒るところなのに、なぜかキュンキュンしちゃう自分は変なのかなぁ。
カレが、わたしをうつ伏せにしてお尻を持ち上げました。後ろから貫いてきました。やっぱり、いつものカレのはすごく気持ちいいとか思っちゃいました。
ヒロくんは前にまわって、わたしの口に入れてきました。口に入れて、腰を動かしてきました。
「文のおマ●コはいいだろ?」
とカレは言いました。
「すげぇ~。いいよな、風俗オンナじゃ味わえない味だよな」
わたしの背中の上で勝手な話をされていました。
「そういや、ヒロはアケミちゃんとはしたことないの?」
「うん。アケミちゃんはなんか怖いんだもんね」
「いい子なのにな」
エッチしながら雑談するなよぉ~。わたしの立場ってものがあるだろ~!
二人とも、腰を動かしながら話を続けました。さらにヒドいことに、
「こないだ、キャバクラでいい子いてさぁ、口説いたんだけど落ちなくて」
とヒロくんが、わけわからない話をしはじめました。
「キャバクラかぁ、最近行かないなぁ」
って、行ったことあるのかよ~。一生懸命、口でくわえてお尻を振っているのにそんな話題かよ~!
と言う話を聞きながらも、カラダだけは反応しちゃっていました。もう軽く何回かいっちゃっていますが、がんばらなきゃと思って思いっきりはいけてませんでした。

お口も油断するとおろそかになっちゃうくらいなのに、
「文ちゃんは相変わらずフ●ラうまいなあ」
とヒロくんがほめます。ほめられると我に返って舌を動かします。
そのうち、カレがふくらんでわたしの中でいきました。
「ヒロ、見てみなよ」 
とカレがヒロくんを呼びました。
「ほら、中出ししたから」
たぶん、わたしのアソコからカレのが垂れているんだと思いました。
「いいなぁ、生で中で出せて。っていうか、もう文ちゃんのなめられないじゃん」
「え、舐めてもいいよ」
「おまえの舐めることになるじゃん」
くだらない話をしてるなぁ、中途半端なわたしを何とかしてよ…
ヒロくんはゴソゴソとゴムをつけると、カレのが垂れてるわたしの中に入れてきました。
「じゃあ、ちょっとすごいことするな」
とヒロくんは体勢を変えて、入れたままわたしと向かい合いました。そして、気合を入れてそのままわたしを持ち上げたんです。
駅弁スタイルってヤツです。そして下から突き上げてくるんです。奥まで当たる気がするのと、抱きあげられたのが驚きでした。AVとかでは見たことあったのですが、されたのは初めてでした。
「お、すごいな」
とカレがはやしたてました。
気持ちいいより怖いのですが、なんかすごいことしてる気がしました。
入れたまま、ゆっくり下ろしてそのまま正常位で突いてきました。これはすごく気持ちよくて、あっという間にいってしまいました。
「文ちゃん、いっちゃったんだ。でも、まだだよ」
とヒロくんは突くのをやめません。それもすごいスピードで着いてくるんですよ。カレが寄ってきてわたしにキスしてきました。カレとキスしながら、カレの手を握っていました。
「…ご…めんなさい…またいく」
カレにキスされながら、切れ切れに謝りました。
「かわいいよ、文」
顔を間近にしてカレは言いました。
ヒロくんがピークになったみたいです。
ヒロくんがのけぞるようにいきました。ヒロくんが抜くと、カレがヒロくんにゴムを指差してわたしに向けました。
ヒロくんはわたしの顔に外したゴムを差し出しました。わたしはすぐにわかりました。ゴムを受け取って、中のヒロくんのを指ですくって舐めました。
「すごいな、ここまでしつけてあるんだ」
とヒロくんがびっくりした声で言いました。ちょっと、エッヘンって気分でした。カレにしつけられたのを褒められてうれしかったです。

わたしは、そのままシャワーを浴びて食事の用意をしました。
「なんか旦那さんが二人いるみたい」
とわたしが言うと、
「彼女できるまで、たまに文を奥さんと思って使っていいよ」
え~、冗談だったのに…
「それじゃ、彼女いらないかな」
「自分で育てるなら、生でしてもいいよ」
「うーん、それはムリ。オレのか●●のかわからない子を育てるのはムリ」
何、バカな話してるんだろこの二人は…
ってか、わたしは一体?

「文、首筋にいっぱいキスマーク💋」
げ!明日、会社行くのに大変だぁ!




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ

共通の彼女かぁ
いつでもお借りしてセックスしていい文華さんはみんなのお宝ですね
私もいつか・・・って旦那さんの友人じゃないし、ガタイも良くないからダメですね

Re: きっと

う〜ん。この状態はイヤじゃないんですけど、やっぱり変だから早くヒロくんに彼女ができてほしいかな。でも、ちょっとそれはそれで妬けちゃうかも

きっと

こうなるとは思ってたけど、やっぱり文ちゃんは、私と同じドМだね。

彼とヒロくん、それとトシさんの、奥様というより、性奴隷かな?

でも、この立場が好きでしょ?
このまま続けていると、きっと、抜けられなくなるような気がします。

だけど、それもまた嫌いじゃないんだよね。
困った子😅

Re: クリちゃんさま

ホントに好きですよね、言わせるのが…
カレに言うのは慣れてきたけど、やっぱり言うのは恥ずかしいな

男は

入れて、どこえオマン○コ男の定番の言葉ですね!
おいらも使いますよ

Re: ノブさま

たぶん、カレは知ってたから普通にしてたんだと思います。知らないと怒ると思います。って、普通ですよね。少し、わたしも麻痺してきてるかも…

No title

毎回思いますが、カレさんの性癖に理解ある友人と文華さんがいるカレさんがうらやましいです(^^)
特に帰宅したら妻が他人と浮気セックスの真っ最中とか、憧れのシチュエーションですね・・(僕も普通じゃないので^^;)
世の多くの男性が僕やカレさんのような性癖なら、不倫ぐらいでは騒動にならないし、かえって夫婦仲が良好になると思うんですがw
プロフィール

文華

Author:文華
ようこそ、文華の部屋へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
https://blog.with2.net/link/?2019040
恋愛ランキング
恋愛スタイルランキング
夫婦恋愛ランキング
夫婦生活(性生活)ランキング
エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!