FC2ブログ

面接に行ってきました+α②

みなさん、お待ちかねの続きをあげます(誰も待ってないですよね)彼がお風呂に入ってるうちにあげますね

11時半くらいに店に戻ると、他のボーイさんたちもニ人来ていました。店長が、
「新しく入った○○ふみかさん」
と紹介してくれました。控室に案内してくれました。控室といっても、事務所と衝立でわけただけの部屋でした。女の子がひとり来ていて、
「ちょうどよかった。つばきさん。ベテランだから、わからないことは教えてもらって」
と紹介してくれました。
「ふみかです。よろしくお願いします」
つばきさんは、年はよくわからないですが同じくらいかな。キレイな人でした。
「よろしくね」
つばきさんは、名刺やウェットティッシュの置き場を教えてくれました。
「今日はワイシャツだって」
衣装のあるところを教えてくれました。衣装をおいてあるところには、ワイシャツの他に高校生の制服みたいのや、ボディコンの服やバニーガール、バドガール、チャイナ服とかがありました。
自分のサイズのワイシャツをとりました。下着の上に、ワイシャツだけということみたいです。

↑こんな感じです。ブラはつけてもつけなくてもいいということでした。わたしはつけました。

トイレに行ってアケミちゃんにもらったウエトラを入れました。ドロリとしたものがカラダに入って冷たかったです。
トイレには女の子用のポーチがいっぱい並んでました。ウォッシュレットもビデ付きのものでした。カウンターにはうがい用のリステリンやらマウスウォッシュやらが並んでいました。
トイレから出ると女の子が3人来ていました。あいさつして、椅子に座っていました。
「シートは奥から1番2番ね。終わったら、ここに戻って名刺書いて渡しに行って終わりね」
つばきさんが流れを教えてくれました。
どうも、開店したらしく店に人のいる感じがしてきました。つばきさんや二人の女の子が呼ばれて出ていきました。
「ふみかさん、4番フラッシュお願いします」
とボーイさんのアナウンスがありました。
あとで知ったのですが、この店では写真を見て指名することをフラッシュと言うらしいです。さっき、撮られた写真が店の入口に貼られていたんです。写真見てでも、指名されるとちょっとうれしい気持ちになりました。

でも、心臓バクバクです。

ウェットティッシュをいくつか持って、ボーイさんにウーロン茶の入ったグラスを渡されて店に出ました。
控室から店に出ると、真っ暗で一瞬見えなくなりました。ちょっと、立ち止まって目をこらすと通路がわかりました。店内はガンガンに音楽がかかっていて、お客さんと女の子が入っているブースはカーテンがかかっています。
奥から左1番右2番。4番は2列目右でした。
「こんにちは。いらっしゃいませ」
なんてあいさつがいいんだろうと思っていましたが、わりとすんなり言えました。
お客さんも、
「こんにちは」
と返してくれたのでホッとしました。だんだん、目が暗さに慣れてくると男の人はわりと若いみたいでした。ポロシャツにデニムみたいな格好でした。座っているからわからなかったけど、背も体型も普通の感じでした。

お客さんにグラスを渡しながら隣に座りました。
何の話をしたのか、よく覚えていません。よく来るのとか、今日はどうしたの?とかだったかな。
「写真と同じでカワイイね」
とかお世辞でもうれしいことはうれしかったです。

5分くらい話すと、お客さんが寄ってきました。手をとって、ウェットティッシュで拭いてあげました。
それから、お客さんにまたがってキスしました。舌をねじこんできたので、舌をからめてあげました。お客さんはワイシャツのボタンをはずそうとしました。こちらも、お客さんのシャツに手を入れて乳首をさわってあげました。
ワイシャツを脱がされて、ブラもとられたのでお客さんのポロシャツとズボンを脱がせてました。シャツもパンツも脱がして、どうしようかと思ったのですが、たたんで隅に置きました。わたしのワイシャツとブラは脇に丸めました。お客さんのをウェットティッシュでキレイにふきました。舐めてあげようと思ったところはキレイにしました。
横になってもらって、キスして乳首をなめてお腹から下に舌をはわせました。
あとは、フェ●してタマタマも少しさわってあげました。
ちょっと、自信なかったので
「気持ちいいですか?」
と何回か聞いてしまいました。
「気持ちいいよ」
と答えてくれたのでうれしかったです。
お客さんもオマ●コに指を入れてきました。
下の毛がないのがわかって、
「パイパンなんだ?」
と言われました。
「はい」
と答えました。
そんなに気持ちよくはなかったというか、緊張してたのか何にも感じませんでした。でも、アケミちゃんのおかげで痛くはありませんでした。
でも、濡れてると思われたのか、指動きが熱が入ります。

そのうち、お客さんが口の中で、はじけました。なんか、うれしかったです。
ちょうど、
『ふみかさん、お時間終了10分前』
とアナウンスされました。
後始末して、控室戻ってうがいしてカラダをふいて名刺にコメントと名前書いてブースに戻って名刺を渡して、ありがとうとかなんか話して、
『ふみかさん、お時間終了です』
と呼ばれて入口までお客さんを送って、最初のお客さんは終わりました。
だいたい、同じようにあと5人お客さんを相手してこの日は終わりました。

帰り際に、店長が、
「はい、今日のお給料。午前中の面接の時間もいれてあるから」
と封筒を渡してくれました。ノートにサインすると、
「次はいつにする?また、土曜日?」
「電話します」
「はい。なるべく早めに予定いれてね。これ、携帯も書いてあるから」
と名刺をもらいました。
もう来ないかもしれないし・・・

店は出入口が一つしかなくて、お客さんが待ってるところを抜けて外に出なくてはならなくてすごく恥ずかしかったです。
店を出て、アケミちゃんにメールしました。近くのショッピングモールのトイレで封筒を開けるとぺらっとした給料明細と2万4千円入っていました。給料明細は5000円×4.5+1000×6-2500=24000円?よくわからないけど、たった4時間ちょいで2万4千円かぁ。高いんだか安いんだか…

アケミちゃんからメールが返ってきて、駅前で待ち合わせました。
また、カフェに入って報告しました。
お昼食べてなかっなんだと思いだしてコーヒーとサンドイッチを頼みました。
「どうだった?」
「よくわかんないで、終わっちゃった」
「簡単でしょ」
「うーん。簡単ではないかなぁ」
とか話して、サンドイッチを食べて店を出ました。お茶代はわたしの稼いだお金から出しました。
アケミちゃんはうちのマンションの前で、
「今日はごくろうさま。じゃあまたね」
「え、寄っていかないの?」
「今日はいいよ。彼が待ってるでしょ」
と帰っていきました。


↑お店で写真撮るわけにいかないのでネットにあった一番似てるお店












関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Re: お疲れ様

他の人のサービスはわからないので、手探りでしたがちゃんとできたのかは自信はありません。
いってもらえたので、良かったとしかいえません。

お疲れ様

最初から凄く積極的ですね。
やっぱり向いているのかも?
続きが楽しみです。😊

Re: やっちゃったんですね

時間は気になりましたね。
雑談してるときも、気で気でなかったです。
余裕がなかったから何も出来なかったみたいなところもありますね

Re: No title

すごくはないです。
でも、風俗ってたしかに大変な仕事です。
接客の極みかもしれませんね。

やっちゃったんですね

わけわからないまま終わっちゃったんでしょうけど頑張りましたね!
ちゃんと時間内に射精してもらえてお仕事したっていう達成感みたいなものもあったんでしょうかね
褒められて嬉しかったりもしたんでしょうね
若い頃に渋谷のピ〇〇オというピンサロに行ってたころを思い出しました
小〇さん、優しくていい人だったなぁ
ふみかさんは続けるんでしょうかねぇ
気になりますねぇ

No title

わたしね、風俗って究極のサービスをしてくれるお仕事だって
そのお仕事をしている人を尊敬しているの。
お友達が少し前までデリヘルをしていたこともあって
お仕事のお話も教えてもらいました。
ご自身の大切な感情も犠牲にしてする仕事でもあるので、
続けるのも、止めるのも、文華さんの意思だと思います。
ただ、これだけは言わせてほしいです。
文華さんは本当にすごいです。
プロフィール

文華

Author:文華
ようこそ、文華の部屋へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
https://blog.with2.net/link/?2019040
恋愛ランキング
恋愛スタイルランキング
夫婦恋愛ランキング
夫婦生活(性生活)ランキング
エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!