FC2ブログ

トシくんとアケミちゃんが

トシくんとアケミちゃんが来ました。こないだ、店に来たことをわたしが怒ってるってことをカレがトシくんに言ったら、トシくんはアケミちゃんに話してこっぴどく怒られて謝りに来たのでした。
アケミちゃんが、
「うちのクズ男がごめんね。デリカシーのないやつでさ」
同感。うちのカレもデリカシーのデの字もないよ。
カレもトシくんも神妙な面持ちでした。
どうせ、カレが一人じゃいけないから、トシくんを誘ったんだろうからトシくんもかわいそうはかわいそうです。
「夫婦でそうやって遊んでるのはかまわないけど。アンタが入ることはないでしょ」
とアケミちゃん。
「ましてや。ピンサロに付いてって遊んでくるなんて!」
下向いてトシくんは、
「ごめんなさい」
カレも下向いて反省してるフリをしています。
反省会はここまでで、食事にしました。トシくんたちが、お詫びの印でケンタッキーやらお寿司やら買ってきてくれました。カレとトシくんも反省終了とばかり飲んでいます。

そのうち、うちのバカカレが、
「もうお店に行っちゃダメなんだよなぁ」
とポツリ。
「文のサービスがどんなのか知りたかったよなぁ」
「オレも知りたかった」
とトシくん。アケミちゃんまで、
「あ、それは知りたいかも」
と言い出す始末でした。
さらに、アケミちゃんが酔っ払ったのか、
「それじゃあ、ここで文ちゃんに○○くんにサービスしてみんなに見せるってどう?」
「いやだよぉ」
エッチなとこは見せたことあるけど、わざわざ見せたくないよ。
「うーん。オレにサービスしてるとこ見るってオレがちゃんと見れないしなぁ」
なんか、わけわからないこと言ってるバカカレが。
「じゃあ、トシにして見せてよ。そうしたら、オレもゆっくり見れるから」
「そんなのヤダよ」
とトシくん。わたしも、
「ムリだよぉ」
反対するかと思ったアケミちゃんが、酔ってるのか、
「それ、いいね。トシ、脱ぎな」
て、アケミちゃんまで何言ってるのに!
「いいのかよ」
とトシくんがアケミちゃんの顔をのぞき込みます。
「いいよ、文ちゃんなら。早く脱げトシ」
ってアケミちゃん、わたしの立場はいったい…
「よし、じゃあ」
とトシくんが脱ぎだします。パンツ一丁になってソファーにころがります。トシくんは職人さんなので、いい体つきをしています。
バカカレは手をたたいて喜んでいます。流れから、これは逃げられないなぁと思いだしました。
「知らないからね」
とバカカレにクギをさしました。
上下のスウェットを脱いで、下着だけになりました。
アケミちゃんが、
「下着つけてサービスするの?」
知ってるくせに突っこまないで!
ブラを取りました。
「下もでしょ」
さらにつっこむアケミちゃん。観念して、下も脱ぎました。
トシくんのパンツを脱がして、足の上に乗るとトシくんにキスしました。アケミちゃんとバカカレはじっと見ています。トシくんが舌を入れてきました。
どうしようと思ったのですが、カレを横目で見るとうなづいているので、わたしも舌をからめていきました。トシくんが胸をもみだしました。
うしろからアケミちゃんが、わたしのアソコをさわります。
「すご、仕込んでないのにこんなに濡れてるじゃん」
「え、ピンサロって何か仕込むの?」
カレが聞きました。
アケミちゃんが簡単に説明します。
「文ちゃん、お店でもこんなに濡れるの?」
「濡れないよぉ」
わかってるくせに、意地悪なアケミちゃんです。

その間も、トシくんは胸をもんでキスしてきます。
「文ちゃん、そろそろサービスだよ」
アケミちゃんが言います。
わたしは下にカラダをずらして、トシくんの乳首を舐めます。
「おお、すげ~」
トシくんが叫びます。
さらにおなかから下半身に舌をはわせました。トシくんがカラダをずらして、わたしのアソコをいじりだしました。
「トシ、うますぎ。こないだが初めてじゃないでしょ」
とアケミちゃん。アケミちゃん、カレシにこんなことしてごめんなさい。
トシくんのおちんちんを手で上げて、太ももの付け根から、タマにかけて舐めました。
「ぉお、すげ~。こないだの子よりうまいよ」
「バ~カ。文ちゃんだからしてくれてるんだよ」
カレはじっと見ています。かなり、興奮してるみたい。持ってるスマホで撮るのも忘れてる。
フェ○に移りました。先っぽから深くくわえたり、舌で舐めたりします。舌の上に乗せて舐めながら、のど元まで入れてあげました。
トシくんはかなりやばそうです。もうすぐだなって思いました。
トシくんが、カラダを起こしてわたしの向きを変えました。69の体勢です。
お店ではやらないんだけど…いいややっちゃえ、○○くんが悪いんだからね。トシくんの顔に押し付けました。トシくんの舌がアソコを刺激します。演技声じゃない声も出てしまいました。

と、アケミちゃんが、
「文ちゃん、ここで素股でしょ」
「?」
アケミちゃんは、わたしのカラダを起こすとトシくんの上に乗せました。まるで、騎乗位のようにしてアソコをおちんちんの上に乗せました。
「文ちゃん、アソコでトシのをこするの。すごい濡れてるからローションいらないね」

わかりました。カラダを、前後に動かしてこすります。
「うわぁ、スゲ~。やべえよ」
とトシくん。ちょっと、ずらすと入っちゃいそう…
指でおちんちんを押さえながら、カラダを前後させました。

そのうち、トシくんは思いっきり発射してしまいました。自分のおなかに思いっきり出してしまいました。
ちょっと考えたのですが、出ちゃったのを舌で舐めとってティッシュに出しました。
「はい、サービス終わりました」
とわたしはウェットティッシュでトシくんのをふいてあげました。

アケミちゃんが、カレに、
「○○くん、採点は?」
「サイコー10点。アケミちゃんは?」
「10点」
トシくんが、
「俺には聞かないの?」
「バ~カ、そんなに出して何点だって言う気だよ」
とアケミちゃん。アケミちゃんは強いなぁ。

二人が帰ったあと、カレに素股をやってあげました。カレのは始める前から、興奮状態でした。素股で一分ももちませんでした。

カレに、
「もしトシくんのが入っちゃったらどうする?」
と聞きました。
カレは悲しそうな顔をして、
「それはダメだよ。気が狂っちゃう」
良かった。入れちゃわないで、もう少しで入っちゃいそうだったんだよね。

アケミちゃんのおかげで技をひとつ覚えました。








関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Re: たかたかさま

入っちゃいそうでコワイですよね。
ローションだと絶対入っちゃいそう。

素股で

するんと入っちゃうやつ、お願いします

Re: アケミちゃんも

やっぱり、遊ばれてますよね。
3人でグルなのかなぁ。
アケミちゃんは、普段は実のお姉さんみたいなんだけどなぁ。

アケミちゃんも

なんだか遊ばれてるみたいに感じるのは私だけかなぁ~
読みながら、また興奮してしまいました。
なんとなく、文華さんが遊ばれているみたいでいじらしいです。

アケミ様も結構Sっぽいし・・・

こういうのって、ドキドキしますね。


Re: La terre

ありがとうございます。拙い文章とあいまいな記憶で書いています。
他の人のような過激なことはしていませんが、よろしければまたお越し下さい。

お邪魔いたします

こんにちわ♪

スッゴーイ!

なんていえばよろしいのでしょう、
人前でしてしまうこともスゴイって思いますし、
直前まででやめてしまうこともスゴイなって思いますよ、ホントに。

わたくし、FC2でブログ始めたばかりなので、
あっちこっちにお邪魔させていただいているのですけれども、
皆さまスゴイ方が多い世界でございますね。

文華さまの書き方が、詳しいのでまるで実況中継しているようでございます。
ですから、ドキドキしてしまいますよン(*^Ш^*)

Re: 黒ゆとりさま

わたしもわかりません。
もちろん、その時の成り行きでOKになるものもあるのでしょうけど・・・

彼のOKラインが分からない……
( ゚д゚)
いろんな人がいるんだなぁと改めて思います。

Re: gotoplayさま

入っちゃいそうで怖かったです。
固くなっていて上向いていたので危ないところだったと思います。

No title

つまり結局エロの問題をエロで片付けたって事ですね(笑)
スマタで終わるなんて、、
自分なら絶対挿れる自信あります。
プロフィール

文華

Author:文華
ようこそ、文華の部屋へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
https://blog.with2.net/link/?2019040
恋愛ランキング
恋愛スタイルランキング
夫婦恋愛ランキング
夫婦生活(性生活)ランキング
エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!